「自宅でがん検査ができる!」

この事実をあなたはご存知でしたか?

ここでは実際に私が胃がん検査・大腸がん検査・前立腺がん検査・ピロリ菌検査を受けた体験記をご紹介したいと思います。

どの検査も自宅で簡単にでき、しかも検査結果は非常に信頼性の高いものです。ぜひあなたのがん検査の参考にしてください。

◇体験記の前に・・・

私ががん検査キット体験記を書く前に、あなたにひとつだけ知っておいて欲しいことがあります。

このがん検査キットはあくまでもスクリーニング検査であり、病名を確定させるための検査ではありません。

私ががんになっている可能性があるかどうかを振るい分けるための検査です。あくまでがんの可能性を確かめる検査なのです。

従って、仮に検査結果が陽性であっても、即がんだとは限りません。他の病気や異常による陽性判定である可能性もアリです。

更に精密検査が必要であり、どこかの病院で検査してもらうことになります。

ここにご紹介するがん検査キットは、こんなスクリーニング検査であることをご承知おきの上、体験記をお読みください。

◇私が使ったのは、「安心がん検査 男性セット」

■胃がん・大腸がん・前立腺がん・ピロリ菌の健診キット

写真を見てください。これが私が購入した郵送検査によるがん検診キットです。

■安心がん検査男性セット
●胃がん・ピロリ菌・大腸がん・前立腺がん
健康バスケット ¥13,029(税込)

この健診キットでは以下の4検査が可能です。

●胃がん

日本人ではがんの中で最も罹患率の高いがんです。胃がんは40代から増え始め50代、60代でピークとなります。

この検査キットでは血液を採取して血液中のペプシノゲンの濃度を測定します。

基準値を超えると非常に高い確率で萎縮性胃炎を発症している可能性があります。

そして胃がんは萎縮性胃炎を経て進行します。

つまり、ペプシノゲンの測定によって胃がんの早期発見が可能になるのです。

●ピロリ菌

ピロリ菌は日本人の2人に1人が感染していると言われます。ピロリ菌が感染したら必ず病気になる訳ではありませんが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こし、萎縮を経て胃がんに進行することがあります。

早期にピロリ菌を発見できれば除菌することも可能です。

健診キットでは尿を採取して、尿中のピロリ菌を検出します。

●前立腺がん

前立腺がんは男性特有のがんであり近年患者が増えています。

特に高齢者に多く、65歳以上の男性では最も患者の多いがんです。ただ、早期に発見できれば治療しやすいがんでもあります。

この健診キットでは血液中のPSA(前立腺特異抗体)を測定します。この検査方法は精度が高く、臨床的にも有効性の高い検査です。

●大腸がん

大腸がんは男性では3番目、女性では最も患者が多いがんです。

大腸がんは進行すると下痢や便秘を繰り返すなどの症状が出ますが、初期には分かりません。

しかし、初期にも便に微量の血液が混じっています。この検査キットはヘモグロビンに反応する抗体を使って微量の血液でも検出します。

大腸がんは早期に発見できると80%~90%まで治せると言われており、検査が大事です。

以上のように、私は胃がん、ピロリ菌、前立腺がん、大腸がんの4つをまとめて検査してもらうことにしました。

私が男性であること、50代後半であることを考慮して選びました。

■健診キットを購入、使ってみた!

健康バスケットのホームページから「安心がん検査(男性セット)」を注文すると、2,3日してこんな包が届きました。


写真1.がん検診キットの包

中を開いてみると・・・胃がん検査、ピロリ菌検査、大腸がん検査、前立腺がん検査の4つの検査ごとに説明書と検体採取のキットが入った封筒が4つ出てきました。


写真2.4つの健診キット封筒

 

●胃がん検査

さっそく胃がん検査キットから使ってみました。胃がん検査は先ほども説明した通り、血液中のペプシノゲンを測定します。従って検体は血液です。

と言っても、自分で注射器を腕に突き刺して血液を採るなんて恐ろしいことはしません。

実はHIV検査や梅毒検査と同じドライスポット法と呼ばれるろ紙を使う方法なのです。

以下、実際に私が使ったときの手順をご覧ください。

 

1.ランセットのキャップを外す。

血液採取に使うツールはランセットと呼ばれるツールです。写真3のように黄色のキャップを外しておきます。

ランセット抜く
写真3.ランセットのキャップを抜く

2、手を洗う

石けんできれいに手を洗います。このときお湯で洗うと血行がよくなって採血がやりやすいです。(温水がなければ普通に水でもOKです。)

温水で手荒い
写真4.手を洗う

3.次に採血をする指の根本に圧迫用テープを巻きます。(写真5)私の場合は左手の人差し指にしました。

指に圧迫バンド
写真5.指に圧迫用バンド

4.指を消毒する

次に血液を採取する指を付属の消毒用ガーゼでぬぐいます。(写真6)

指を消毒する
写真6.指を消毒する

5.ランセットを押しあてる。

ランセットを人差し指に強く押し当て、白いボタンを押します。中から細い針が少しだけ飛び出しすぐに引っ込みます。

これで指に小さなキズがつきます。心配しなくてもそれほど痛みはありません。チクっとする程度です。

ランセット押し当てる
写真7.ランセットを押し当てる

6.血液を押し出す

ランセットをはなし、指の根本から指先方向へ血液を押し出します。豆粒くらいの大きさの血液をためます。

指から出血
写真8.血液を押し出す

7.ろ紙に血液を染み込ませる

付属のろ紙に血液を染み込ませます。血液がろ紙の裏側まで染み込むようにします。(写真9)

血液ろ紙裏
写真9.ろ紙に血液を染み込ませる

8.圧迫テープを外して絆創膏を貼る

付属の絆創膏を傷口に貼ります。

指にバンドエイド
写真10.指に絆創膏

以上で血液採取は終了です。

封筒に検体を入れ、検査申込書に必要事項を記入してこれも同封します。後はポストに入れるだけです。

 

●ピロリ菌検査

次はピロリ菌の検査です。ピロリ菌の検査は検体が尿になります。

そのため、尿を採取するためのツールが付属で入っています。

ピロリ菌採用
写真11.ピロリ菌用尿採取

詳しい使い方は取説を読んでください。簡単に使えます。

尿を採取したら検査申込み書に必要事項を記入して、封筒にいっしょに入れます。


写真12.ピロリ菌検査封筒

以上がピロリ菌検査です。

 

●前立腺がん検査

次は前立腺がん検査です。こちらも検体は血液です。従って要領は胃がん検査と全く同じです。写真3から写真10を行います。

 

●大腸がん検査

大腸がんの検体は便となります。これは一般的に職場の健康診断などでもやっているのであなたも要領はご存知でしょう。2日分の便を採取して送ります。

大腸がんキット
写真13.大腸がんキット

これはすでにあなたもお馴染みだと思うので、ここでは詳しく書きません。

これで大腸がん検診が終わりです。

 

さて、以上のように、胃がん健診、ピロリ菌健診、前立腺がん検診、大腸がん検診の4種類の検体を郵送してから約2週間。検査結果が送られてきました。

では、私のそれぞれの検査結果をあなたにお見せいたしましょう。

●胃がん健診結果

胃がん検査結果2
写真14.胃がん検査結果

ご覧のように検査結果は「陰性」でした。私の血液中のペプシノゲンは基準値以下であり、胃がんの前駆病変である萎縮性胃炎の判定は「陰性」でした。

●ピロリ菌健診結果

ピロリ菌検査結果2
写真15.ピロリ菌検査結果

ご覧のように私の尿の中にはピロリ菌はいませんでした。「陰性」でした。

●前立腺がん検診結果

前立腺がん2
写真16.前立腺がん検診結果

私の血液中のPSA(前立腺特異抗体)検査結果は「陰性」でした。私の年齢層では前立腺がんが多いので一番不安に思っていたのですが、この結果を見てほっとしました。

正直ちょっと結果を見るのが怖かったです。

●大腸がん検診結果

大腸がん結果2
写真17.大腸がん検診結果

2日分の便について、潜血反応は「陰性」でした。がんによる大腸病変は常時出血を伴う訳でもないため、今後も継続的な検査が必要になります。で

も、取りあえずは「陰性」でほっと一安心です。

以上のように、私が受けた胃がん、ピロリ菌、前立腺がん、大腸がんの4つの健診結果はいずれも「陰性」でした。やれやれです。

現在、日本人の2人に1人はがんになります。そして3人に1人はがんによって亡くなっています。今や日本人の死因の第一位ががんなのです。

がんになる要因は様々です。決して健康管理の問題だけではありません。年齢や遺伝が関係してがんになることもあります。絶対100%がんを予防する方法などありません。

しかし、早期発見はあなたや私の考えひとつ、気持ちひとつです。その気になれば明日にでも検査を受けることは出来ます。

早期発見こそががん治療の最も大事なことです。

どんなに優れた薬があっても、神様みたいな名医がいても、末期がんでは手遅れになってしまうかも知れません。

どうしても仕事が忙しくて病院に検査で行くことができないあなた。

そんなあなたには今回私が使った自宅でいつでも使える郵送がん検診キットがお勧めです。

■安心がん検査男性セット
●胃がん・ピロリ菌・大腸がん・前立腺がん
健康バスケット ¥13,029(税込)

■この他にも自宅で使えるがん検査キットは色んな種類があります。
『がん検査キットの種類』